スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fishmans

fishmans 佐藤伸治 空中キャンプ

fishmans

fishmansとの最初の出会いは、10数年前。
当時、私は、地元鹿児島のとある放送局に勤めていた。
ある日、東京本部からいつものように新譜のサンプルCDが送られてきた。
山のようなCDの、その中の1枚がfishmansの「BABY BLUE」だった。

fishmans 佐藤伸治 空中キャンプ

引き寄せられるようにプレーヤーにセットし、流れ出る音に驚いた。
それは、今までに聞いたことのない音楽だった。
周囲の空気を一瞬で変えてしまう浮遊感のあるメロディ、
紡ぎだされるままに脳裏にその情景が浮かび上がる美しい詩。
それは、人生観を変えてしまうような出来事だった。

ishmans 佐藤伸治 空中キャンプ

その後、しばらくしてその会社を退職し、関西に引っ越した。
ちょうどその冬、心斎橋クラブクアトロでfishmansのライブがあるのを何かの雑誌で知った。
でも行かなかった。
何故行かなかったんだろう。
きっと、また次があるさと思ったんだろう。
私は、あまり後悔ということをしないのだけど、
この時のことばかりは、今でも悔やまれる。

その翌年、佐藤伸治くんは永遠に帰らぬ人となってしまったのだ。

 そんなこともあってか、やっぱりね。
 一度の人生。
 生きているうちに、
 やりたいことは、何でもやっておかなくちゃーーと思うんですよ。
 毎日毎日を人生最後の日のように過ごせたら素晴らしいと思うんですよ。
 でも、なかなかそうはできなかったりするんだけど。

そして、たくさんの時が流れた。
しかし、今なお、fishmansは、佐藤伸治くんは、
私の、みんなの中にいつまでも生き続けている。

こんなにもこんなにも、心に響く音楽と出会えて私はとても幸せだ。















にほんブログ村ランキングに参加しています☆
ぽちっとしていただければたいへん励みになります☆
にほんブログ村 ファッションブログ 帽子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

一生中二、十四歳。〜ザ・ブルーハーツ THE BLUE HEARTS〜

一生中二、十四歳 〜ザ・ブルーハーツ THE BLUE HEARTS〜
人生の岐路に立たされた時、
いつも必ず聞きたくなるのが
ブルーハーツの1stアルバム「ザ・ブルーハーツ」。

一生中二、十四歳 〜ザ・ブルーハーツ THE BLUE HEARTS〜
はじめて買ったCD。
まさに当時もの。
まさに中二ど真ん中。
あの頃は、もう本当に毎日のように聞いていたなぁ〜。
学校をサボって、ライブチケットを買いに行ったのも今ではいい思い出です (*´∇`*)。

一生中二、十四歳 〜ザ・ブルーハーツ THE BLUE HEARTS〜
そしてすっかり大人になった今でも、変わらずブルーハーツの歌に、しびれ、共感し、勇気をもらう。
驚く程、成長していない自分に苦笑したり、そんな自分が微笑ましくあったり。
「少年の詩」、「ダンスナンバー」には、何度奮い立たせられたか。





チャージ完了!!!

にほんブログ村ランキングに参加しています☆
ぽちっとしていただければたいへん励みになります☆
にほんブログ村 ファッションブログ 帽子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
プロフィール

shapot

Author:shapot
太陽系 » 第三惑星[地球] » 日本 » 鹿児島県ボウシにて生誕。現在京都在住。
幼き頃より帽子好き。ものごころつき、胸高鳴る帽子を探し求め求めて、求めるあまり、独学にて帽子をつくりはじめる。
好きな食べもの:きらず揚げ

twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。